Nadyapark Dental Clinic 根管治療専門サイト

精密根管治療で大切な歯を1本でも多く残す
厚生労働省認定の名古屋大学医学部岡山大学病院臨床研修施設 精密根管治療で大切な歯を1本でも多く残す

根管治療に特化した歯科医院
大切な歯を1本でも多く残す治療を

世界標準の根管治療で歯を残す

世界標準の根管治療で歯を残す

他院で「抜歯」と宣告された歯でも、当院が実施している
「精密根管治療」を実施することで、歯を残せる可能性が高まります。
ご自身の歯を大切にしたい方、一度ご相談ください。

WORRIES

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

そんな方には精密根管治療

ROOT CANAL TREATMENT

根管治療を正しく理解し適切な処置を行なえば、
大切な歯を守る事は可能です。

多くの歯科医院で診察を受け、「もう抜歯するしかありません」と言われた状態の歯も当院では救うことができるかもしれません。
一般的に根管治療の再治療の成功率は、多くの研究から60~70%とされていますが、現実はもっと低いものと想像されます。

           精密根管治療

私たち専門医では、それを約90%まで引き上げることができると考えています。

そのためには、現在世界が実現しているグローバルスタンダードな治療法を確実に、また適切に遂行することが求められます。

           精密根管治療
       精密根管治療        精密根管治療        精密根管治療

日本の根管治療の成功率は低い

抜髄(神経を取る処置)は、はじめての根管治療を意味します。
そして、再根管治療は、最初に根の治療を行った後に、痛みや違和感が生じたりした場合に行われる治療を指します。
この感染根管治療と再根管治療の割合を合わせると、
およそほとんどの根管治療がやり直しになっているということです。

日本の根管治療の成功率は低い
THE REASON

根管治療が失敗する理由

根管治療は歯科治療の中でも難易度が高い

high difficulty

根管治療は『歯の神経を抜く』と、簡単に言われていますが、最初の治療でしっかり処置をしないと、歯の中で細菌が再び増殖するリスクが高まります。
そうなると、いつまでも再発・再治療を続けて、いずれは抜歯になることも珍しくありません。根管治療はとても難しい治療なのです。

根管治療は歯科治療の中でも難易度が高い

保険で対応するには治療制度の限界がある

institutional restrictions

日本では根管治療に保険が適用でき、多くの方が保険の範囲内で治療を受けています。しかし保険診療では使用できる器具や治療にかけられる時間に制限があり、充分な治療を行うのには限界があるというのが現実です。
つまり保険治療は「費用が安い」というメリットの一方で、治療精度を低くする要因にもなっているわけです。

保険で対応するには治療制度の限界がある

先進国の根管治療

Dental care in developed countries

根管治療は、アメリカに留まらず、アジア諸国でも「一般治療」とは分けられ、専門医が行っているのが現状です。それほど歯の根の治療は難しく複雑なのです。
もし治療後にきれいなセラミックの歯にしても、根管治療が失敗ならば全てやり直しになってしまいます。

再発を防ぎ、確実に治療するのであれば、根管治療の専門家の手による治療を受けるのが望ましいと言えるでしょう。

当院のドクターは、ペンシルベニア大学歯内療法学 准教授 サムエル・クラッチマン先生のマイクロエンドコースを受講しています。

先進国の根管治療
FEATURE

ナディア式、根管治療の特徴

01

治療精度を飛躍的に高める
「マイクロスコープ」

マイクロスコープは「歯科用顕微鏡」とも言われる機器で、肉眼の何倍も視野を拡大してくれる機器になります。肉眼だけでの治療は限界がありますので、マイクロスコープを活用し、どれだけ精密に治療をできるかがカギになります。

FEATURE1

下の画像が「マイクロスコープ」で見た状態です。
視野を拡大してくれるマイクロスコープが、いかに多くの情報を与えてくれるかが、お分かりいただけると思います。この機器を利用することで「抜歯」になる可能性をできる限り減らします

FEATURE1
02

CT(三次元立体画像撮影装置)の活用

CTは「可視化」してくれるツールになります。
一般的に行われている根管治療では、二次元で撮影できる「デンタルレントゲン」というもので診査診断を行います。しかし当院では三次元の撮影を可能にする「CT」を利用します。なぜ三次元のCTを利用するのか。それは二次元だけでは見えない部位が存在するためです。

下の画像はCT画像と通常のレントゲン画像の比較です。
赤丸がついている部分が根尖病巣と呼ばれる問題が出ている部分です。

レントゲンでも根尖病巣の有無は判断可能(ぼんやり黒く映ります)ですが、CTを利用することでレントゲンでは見えない部分も可視化することができ、より一層精密な診査・診断、そして治療が可能になります。

FEATURE2
03

根管治療になくてはならない
「ラバーダム防湿」

ラバーダム防湿とは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆いかぶせて口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防止する道具です。
ラバーダムを使用することで、様々な口腔内細菌が根管に侵入するのを防ぎ、無菌的な処置を行うことが可能になります。

FEATURE3
04

科学的アプローチによる
「洗浄・殺菌」

根管治療では、ファイルと呼ばれる、ステンレスまたはニッケルチタン製のヤスリのような器具で、根管内の汚れを削っていきます。ヤスリでものを削ると細かな削りカスが出るのと同様に、根管治療でもファイルで歯質を削る際にカスが出ます。
このカスにはたくさんの菌が存在していますので除去しなければならないのですが、手用の器具では除去できません。

FEATURE4

この問題を解決するのが「科学的アプローチによる洗浄・殺菌」です。
具体的には「高濃度次亜塩素酸水」「EDTA」「3mix」を活用し洗浄・殺菌を行っていきます。 専門的な話になりますので詳細は割愛させていただきますが、簡単にご説明をしますと、これらの薬剤・機器は、ファイルで生じた削りカスを溶かし、消毒することで根管内をクリーンな状態にし、病気の再発を防ぐものです。
当院では、これらの薬剤を用いて可能な限り再治療にならない根管治療を行っております。

FEATURE4
05

根管を傷つけにくく、かつ、正確に治療を
進めるための「根管長測定器」

根管治療をする際、根管内の深さを正確に知る必要があります。当院ではこの深さを把握するため、根管長測定器というものを利用しています。
これは根尖(根の先)までの距離が非常に正確に計測できる優れものです。

FEATURE5
06

1回に十分な治療時間をとり
少ない回数で終わる根管治療

当院の精密根管治療では、しっかりと時間をかけて短い期間で集中的に治療します。
そのため、根管治療の治療回数は平均で3回で完了します。
時間や費用の縛りのある保険制度では、1回の処置に掛けられる時間はどうしても限られてしまう為、通院回数が多くならざるをえません。そして長い治療期間をかけてしまうと、結果的に再感染が起こる確率も上がります。
当院では治療設備、医師の技術、そして十分な時間をかけることによって、治療回数を少なくし短い期間で根管治療の成功に結び付けます。

FEATURE6
FLOW

根管治療の治療の流れ

01

初診カウンセリング

問題の歯だけでなく全ての歯を診察します。
その後、レントゲンを撮影し、必要に応じてCTも撮影します。口腔内の検査結果をもとに、患者様の口腔内の状況や必要な処置、治療期間と費用などをお伝えします。
口腔内に腫れや痛みがある場合は、根管治療開始までの一時的な処置を行います。

02

根管治療1回~2回目の来院~根管内のお掃除・殺菌~

無菌的処置

新たな細菌感染を根管内に起こさないよう、ラバーダムというゴムのシートを用いて、根管治療を行う歯を隔離します。
唾液の中の細菌まで含めて排除しつつ、他の器具や薬剤からも口内を守る役割を果たします。
ラバーダムを用いることで、無菌的環境を整えます。

無菌的処置

細菌の除去

根管内の神経や感染している内部を掃除します。
保険診療では、リーマーやファイルと呼ばれる細い棒ヤスリのような器具で、細菌を取り除き、その根管にとって必要最小限で形を整えます。
感染していない部分を傷つけるリスクや、神経を取り逃したりしてしまう可能性があることから、65%ほどしか消毒できないとも言われています。

一方、自費診療となる精密根管治療はマイクロスコープで歯の状態を細かく確認したうえで、超音波器具などで丁寧に細菌を死滅させるため精度が高く、除去率に違いがあります。

細菌の除去
03

根管治療2~3回目 根管充填

感染物質を取り除いた根管は、空洞になっています。
そのまま残すと細菌が入り込んで繁殖し、虫歯の再発のリスクへと繫がります。
そのため、感染源が侵入しないよう、洗浄・消毒が完了したら、最後に詰め物(充填材)で隙間なく封鎖します。 これで根管治療の処置は完了となります。

04

被せ物の治療

根管治療終了後は被せ物の処置に入ります。
いくら良い根管治療ができてもその後の被せ物の適合精度が甘いと被せ物と残った歯のすき間から細菌が侵入し再び虫歯になってしまう可能性があります。
当院では、技工士との密な連携をとり適合精度を高めた被せ物の処置を行います。

治療期間の目安

個人差はありますが、治療回数の目安は1~3回です。
感染部分を取り除いた後、治癒傾向が認められたら修復治療を進めます。
しかし、炎症が収まり、組織が回復して病巣がなくなるまでには、一定の期間が必要です。

歯を抜かずに治す方法があります。

       

お問い合わせはこちら

GREETING

ドクターご挨拶

歯科医療のトップランナーであり続ける

当院は、優れた「医療技術・設備」を整えた総合歯科医院です。これは誇張ではありません。つまり、材料・テクニックなどすべて含め適切な治療を受けられるということでもあります。これをこのような場で宣言することは医院経営をする上で1つのリスクと考えることもできます。しかし、それを宣言できないという事は、患者様の身体を預かる医療従事者として失礼に当たります。患者様にとって我々医療人は最後の砦なのですから。現状に決して甘んじることなく、万全の態勢を常に維持させること。これが、心から私たちに頼ってきて下さる患者様への礼儀と私は考えます。

歯学博士飯田吉郎

所属学会・インストラクター歴

• アストラテックインプラント セミナー講師
European Association for Osseointegration(ヨーロッパインプラント学会)
認定医 ※日本人で3人目に取得
• American Academy of Periodontlogy(アメリカ歯周病学会)会員
• Japanese Association of Restorative Dentistry 理事
• Academy of Osseointegration(アメリカインプラント学会)会員
• MID-G理事

経歴

• 昭和60年 私立東海高校卒業
• 平成4年 岡山大学歯学部卒業
• 平成8年 ナディアパークデンタルセンター開設
• アストラテックインプラント セミナー講師
• 平成27年 European Association for Osseointegration(ヨーロッパインプラント学会)認定医※日本に4人のみ

ドクターご挨拶 ドクターご挨拶 ドクターご挨拶
INFORMATION

ナディアパークデンタルクリニック
診療時間
10:00~13:00
14:30~18:30

●:診療時間・電話受付時間
△:土曜日の午後診療は14:00〜17:00
/:休診日・・・木・日・祝(祝日週の木曜日は診療)

Tel:0120-84-4618
医院名
ナディアパークデンタルクリニック
理事長
飯田 吉郎
所在地
愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークビジネスセンタービル8F
最寄駅
「矢場町駅から徒歩5分」「栄町駅から徒歩7分」

名駅ナディア歯科
診療時間
10:00~13:00
14:30~18:30

●:診療時間・電話受付時間
△:土曜日の午後診療は14:00〜17:00
/:休診日・・・木・日・祝(祝日週の木曜日は診療)

Tel:0120-446-185
医院名
名駅ナディア歯科
理事長
飯田 吉郎
所在地
愛知県名古屋市中村区名駅4-27-1 スパイラルタワーズB2F
最寄駅
「名古屋駅から徒歩1分」
QA

よくあるご質問

Q抜歯といわれた歯でも抜かずに残せますか?

勿論100%とは言い切れませんが、難症例と言われる根管治療の経験も多数あります。
マイクロスコープで行う根管治療で歯を残せる確率は大幅に上がります。
他院で抜歯と診断された場合でもあきらめずにご相談ください。
当院で診査診断を行い、残せるかどうか見極めたいと思います。

Q根管治療の期間はどれくらいかかりますか?

進行度合いなどによって治療期間は異なります。
平均して1~3回の通院が必要になります。
治療に入る前に、おおよその治療期間はお伝えしますのでお気軽にご質問ください。

Q以前根の治療した歯が痛むのですが、どうしたら良いですか?

歯の神経を取り終わり、歯にかぶせ物をした歯に再感染が起こり、根の先端に炎症が波及すると痛みが出ます。
ストレスや疲れが溜まっていたり、体調不良などによって免疫が下がりその炎症が大きくなると、痛みや、腫れ、違和感が起こります。

このような場合は、再度根管治療を行うこともあります。行わない場合もありますが、定期的にレントゲンを撮影し、経過観察を行い、状態が進行しましたら再治療を行うこともあります。

Q虫歯になり、歯が痛いのですが、歯の神経を取る必要がありますか?

歯の神経を取るのは歯の神経が菌に感染してしまい、炎症が可逆性でなく、元に戻らないと判断されたときです。痛みがある=歯の神経をとる、ということではないのでご安心ください。当院では、なるべく歯の神経を取らないように、覆髄処置を行ったり、歯の神経に達する穴を開けないためにルーペやマイクロスコープを使用して、視野を拡大して治療を行なっています。歯の神経を取ると不安になってる方のご相談、何でもお受けします。

歯を抜かずに治す方法があります。

       

お問い合わせはこちら

ページトップへ戻る